歯周病のお話③

こんにちはヤスユキです。

今回は歯周病が全身に及ぼす影響について書きます。

 

歯周病は歯を失う原因になるだけではなく、脳梗塞、

糖尿病、誤嚥性肺炎、早産、低体重児出産 非アルコール性脂肪性肝炎、

慢性腎臓病、がんなど、さまざまな病気と関係していることがわかってきました。

 

歯周病は認知症の要因としても考えられているそうです。

食べたり話したりするときには、歯で噛んだり、口の周りの

筋肉や粘膜、舌などを動かします。特に食べ物を噛む動きは

脳を刺激して活性化させます。

ところが歯周病によって歯が失われると、嚙む力が低下したり、

噛むことができなくなってしまいます。そのことによって、

認知症を発症するリスクが高くなるそうです。

特にアルツハイマー型認知症と歯周病の関係について

研究が進んでいるそうです。

 

知らず知らずに進行していく歯周病ですが、全身に及ぼす影響を

考えると恐ろしくなりますね。

もう一度自分の歯磨き環境を見直してみましょう。

そして毎日の歯磨きを徹底しましょう。